一早在旅館吃了豐盛的早餐後,就出發前往日本三景之一的松島。松島是與廣島縣宮島(遊記)和京都府天橋立並稱的日本三大景之一,由於灣內由許多島嶼組成,因此景色非常奇特,不過也因為東日本大地震的關係,有些景點受到破壞還在修復中,但說真的不知道是我沒有深入到真正受害嚴重的地方還是怎樣,緊靠海岸受到海嘯首當其衝的松島卻看起來沒有什麼事一樣。總之日本三景這是第二個,七月的時候再去天橋立就又完成一個壯舉了!!

觀瀾亭 觀瀾亭

觀瀾亭看到的景色 觀瀾亭看到的景色

一出松島海岸站後,迎面而來的是陽光普照波光粼粼的松島群島,果然這種地方還是要晴天的時候來才正確啊!!首先我去了觀瀾亭,在這裡可以眺望整個松島景色和瞭解伊達政宗的歷史。雖然沒有辦法將松島灣內所有島嶼盡收眼底,但能看到的景色也是很美,在觀瀾亭邊吃點心邊看松島也是人生一大享受呢!

瑞嚴寺古木參道 瑞嚴寺古木參道

瑞嚴寺特別公開的御靈屋 瑞嚴寺特別公開的御靈屋

接著我來到極有名的瑞嚴寺,他是東北第一名剎,一踏進瑞嚴寺大門就明顯感受到與門外喧囂世界不同的遺世而立之感。參天古木與岩石洞窟在在加深了瑞嚴寺莊嚴靜謐的色彩。可惜的是本殿在修理沒有辦法入內觀賞,不過特別開放的御靈屋很富麗堂皇,很值得一看。

五大堂 五大堂

五大堂看到的福浦橋和福浦島 五大堂看到的福浦橋和福浦島

陸奧伊達政宗歷史館 陸奧伊達政宗歷史館

繞了一圈後再度回到海岸邊,去了松島代表名勝五大堂,渡過利用紅色橋樑連接的三個小島來到五大堂後,雖然建築古老,但建築前的松島景象卻很令人印象深刻,而且可以很清楚地看到福浦橋和福浦島。晃著晃著來到有展示許多有關伊達政宗文物和資料的陸奧伊達政宗歷史館,真的覺得東北的歷史頗為有趣,真的要找時間來認真研究一下了。

台日友好象徵的福浦橋 台日友好象徵的福浦橋

遊覽船上看到的五大堂 遊覽船上看到的五大堂

松島群島中的特殊小島 松島群島中的特殊小島

松島群島中的特殊小島 松島群島中的特殊小島

接著來到自然景觀豐富也可以眺望松島的福浦島,連接福浦島的是一座紅色大橋,非常氣派,但因為在地震時被海嘯摧毀,現在的福浦橋是去年重建好的,重點是橋旁還設立感謝臺灣幫忙的紀念板,註明福浦橋是台日友好的象徵,超溫馨。最後為了替松島行劃下美好句點,我搭著遊覽船晃遍整個松島島嶼與奧松島,一路上看到非常多奇形怪狀的島嶼,真不愧是日本三景的松島,很推薦大家來松島瞧瞧,也一定要搭船遊覽,一定不會讓你失望的!!!

瑞鳳寺 瑞鳳寺

瑞鳳寺 瑞鳳寺

離開了松島來到了仙台市內,在介紹仙台市內景點前,先介紹我在仙台市內用的優惠交通票券---るーぶる仙台。他是用一個叫做るーぶる的公車將仙台市內15個著名景點串連起來,包括仙台城跡、瑞鳳寺和大崎八幡宮等等。一日乘車券只要600日幣,搭三次就回本了,非常便宜且方便,而且司機會在途中介紹仙台和講一些住在仙台的藝人事情,頗為有趣。所以我就坐著這個公車玩遍整個仙台,首先我去的是瑞鳳寺,到本殿前又要爬山雖然很討厭,但途中空氣很好,古木參天,靜謐的感覺很棒,而且山上的寺廟每座都很富麗堂皇,超級誇張,很推薦去看看。

伊達政宗像 伊達政宗像

宮城縣護國神社 宮城縣護國神社

接著我搭車來到仙台城跡,雖然沒有天守閣,可是可以看到整個仙台市景,天氣好的話還可以看到太平洋,可惜我沒看到。仙台城跡最有名的莫過於俯視整個仙台的伊達政宗騎馬像,一副傲視群雄的樣子,很是雄偉壯觀。另外也有朱紅色建築的宮城縣護國神社青葉城資料展示館可以參觀,瞭解一下仙台城的歷史。

大崎八幡宮 大崎八幡宮

仙台市內商店街 仙台市內商店街

仙台市內商店街 仙台市內商店街

再度搭上車後,來到大崎八幡宮。突然發現是因為伊達政宗的關係,仙台市內的寺廟幾乎都被建築城桃山風格,黑底金邊非常富麗堂皇,也非常的美。話說大崎八幡宮在每年的1月14號都會舉辦有全日本規模最大的祭典,提供情報給這段時間會在仙台的朋友們。最後我前往的仙台市最熱鬧的廣瀨通、青葉通和定禪寺通商店街。在這邊完全感受不到仙台有受到震災的影響,非常的有活力,商家林立,觀光客來來往往,好不熱鬧。而且越逛越覺得這裡的熱鬧程度完全不輸東京,如果告訴別人仙台是日本的首都的話,說不定會有人信。

結束了宮城縣行程後,就搭著電車來到山形,也算是完成五天東北之旅。雖然前三天時陰時雨,又沒看到櫻花非常討厭,但最後兩天的平泉世界遺產和日本三景松島以及熱鬧非凡的仙台,完全顛覆我對東北的壞印象,都想再來一次,把還沒有去的景點都逛過一遍啊!!回到東京後就要認真準備兩個禮拜後的口試,而且在那之前還要把這五天來一直掛在心上的投稿文章改好寄給編輯,總之加油了!!暫時不會再出去玩,等到口試後我又是一尾活龍了!!!盡請期待之後的遊記,離制霸日本只剩下幾步距離了!!!

所有照片都發表在阿瓜在日本的溜搭生活臉書粉絲頁

----
いよいよ今回の旅行の最後日だった。今日は日本三景の一つの松島に行った。今朝朝食を食べてから、さっさと松島に向かった。駅を出たと、目の前にあったのは太陽が降り注いだ海面と松島だった。めちゃ綺麗だった。やっぱりこんなところは晴れた時に行った方がいいな。まず、俺は松島が一望できる観瀾亭に足を運んだ。そこで松島全体の島たちが目に入れなかったけど、すごいいい風景が見えた。ちなみに、そこで抹茶を食べながら、松島の景色を見るのは人生の最高の体験だった。

その後、東北第一神社の瑞巌寺に行った。瑞巌寺の大門に入ったと、門外の賑やかな世界と違ってすごい静かなで厳かな雰囲気をよく感じられた。残念ながら、今本殿は工事中だった。にしても、特別公開の御霊屋はすごい綺麗で、たくさんのお金がかかって建てられたそうに見えた。そして、松島で一番有名の五大堂に行った。真っ赤な橋で連絡した三つの島を渡ったら、古い五大堂は目の前に立った。しかも、五大堂の前にある展望台ではすごい美しい松島風景が眺望できた。さすが松島の第一スポットだった。

伊達政宗についての資料と文物を催してた伊達政宗博物館を一周回ってから、福浦島に行った。松島海岸と福浦島とは真っ赤な橋で連絡した。その福浦橋は震災の時に津波に破壊されたけど、去年に再建されちゃった。橋の傍にある表示板で台湾に対する感謝の言葉を書いてあった。この福浦橋は日本と台湾の永遠の友好象徴だって書いた。すごい優しかったね。福浦島で松島の風景を眺望してから、遊覧船乗り場に向かった。船でたくさんの形が面白い島を見て、思わず感嘆した。さすが日本三景だったな。めちゃお勧めだ。多分何回行ってもつまらない感じが感じないと思った。

松島から離れてから、仙台市に電車で行った。まずは仙台市内のお得なるーぷるバスで瑞鳳寺に行った。松島で見た瑞巌寺と違って、瑞鳳時はずいぶん高級な感じをさせてくれた。黒色と金色と構成した瑞鳳寺はすごい綺麗だった。さすが桃山風の建物だったな。そして、仙台城跡に足を運んだ。仙台城では天守閣がなかったけど、眺望した仙台市の景色は結構立派だった。天気がよければ、太平洋までも見えるって言われても、残念ながら、今日はなかなか見られなかった。でも、仙台城で最も有名な伊達政宗が馬に乗ってる銅像をよく観覧した。仙台市を見下ろしてるようにすごい壮観だった。。

その後、大崎八幡宮に訪ねた。長い階段に登ったら、鬱蒼とした杉木は表参道の両側に立ち並んで静かな感じをさせてくれた。瑞鳳寺と同じで桃山風の建物だったから、めちゃ綺麗だった。そして、仙台市で最後のスポットは大勢の人を集めて一番賑やかな商店街だった。商店街で歩いてれば歩いてるほど、仙台は東京に負けないほど賑やかさを持ってた。日本の首都はどこでって知らない人に仙台は日本の首都だよって言ったら、あの人がそう信じてくれるかもね。

仙台から離れてから、山形に行った。それで、五日間の東北巡り旅行は終わった。最初の三日間はずっと雨降ったり止んだりしてかなり嫌だったけど、最後の二日間には平泉の世界遺産と日本三景の松島と超賑やかな仙台に訪ねて、本当に東北に対する悪印象をしっかり覆しちゃった。まだ東北に行ってないスポットに行きたいな。まあ、東京に戻って、真面目に卒業発表を準備しなきゃ。しかも、論文投稿の修正をしないと。頑張れ。しばらく、どこにも行かないつもりだ。卒業発表してから、再び何処かに行こうぜ。日本制覇はあとわずかだ。

    阿瓜 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()